成長期の肉割れ予防 | 乾燥肌質なら保湿が大切

成長期の肉割れ予防 | 乾燥肌質なら保湿が大切

 

皮膚の肉割れは、太ってしまったとき、妊娠したときなど体型が大きく変化したときにできやすいと言われています。

 

 

身体が一気に大きくなることに皮膚の伸縮がついていけず、ピリピリとひび割れるように肉割れができてしまいます。

 

 

これは大人に限って起こるものではなく、成長期にあたる年齢のときにも起こりやすいものです。

 

 

よく考えれば、成長期ほど体型が大きく変わっていく時期はないわけですから、当然のことと言えるかもしれません。

 

 

実際にも、中学、高校生時代に肉割れができて、それを今だに消すことができなくて悩んでいるという人も少なくないのです。

 

 

成長期に体が大きくなるのは誰にでもあることですが、肉割れのできる人とできない人がいます

 

 

これはなぜでしょうか?

 

肉割れに効果アリ!ノコアクリームの口コミ・体験談

 

 

 

肉割れは乾燥肌に起こりやすいもの

 

肉割れができやすい体質というものがあります。

 

 

それは肌が乾燥しやすい人です。

 

 

乾燥しているということは皮膚が十分な水分をキープできていない状態。

 

 

うるおいがない皮膚は柔軟性がなく、引っ張られたときに伸びが足りなくなります。

 

 

「肉割れは遺伝する」という意見もあるようですが、これは乾燥肌質が親から受け継がれることがあるということかもしれません。

 

 

自分が乾燥肌なのか?を知るのは意外と簡単ではありません。

 

 

“肌の上に粉をふいたようになってカサカサしている”

 

 

そんなわかりやすい状態でないときでも、実は肌が乾燥していることもあるからです。

 

 

また肌質は、身体の部位ごとにも違うものになります。

 

 

顔の肌質チェックで「洗顔したあと肌がつっぱった感じがしたら乾燥肌」と言われたりもしますが、身体のほかの部位にもそれが当てはまるかというとそんなことはありません。

 

 

 

成長期の肉割れ対策に保湿ケアを

 

また成長期は肌質が落ち着かず、変化しやすい時期だともされています。

 

 

つまり今現在、乾燥していない肉割れのできにくい肌質だったとしても、来月には乾燥肌質に変わっている可能性があるということです。

 

 

乾燥肌質そのものを変えるのは簡単ではないものの、肌をお手入れすることで乾燥肌を改善することはできます。

 

 

ローションやクリームを使った保湿ケアで、肌が乾いてしまうのを防ぎましょう。

 

 

市販のものでも効果はあるものの、肉割れ予防専用クリームなどを使えば安心感は高くなるでしょう。

 

 

成長期に肉割れができやすいのが、お腹・お尻・太もも・二の腕などです。

 

 

これらの部位には皮下脂肪がつきやすく、太ってしまうと大きくなりやすい場所でもあります。

 


体の部位ごとの肉割れ対処法

 

 

成長期に肥満体型になると、肉割れもよりできやすくなりますから注意しなくてはいけません。

 

 

肉割れは一度できてしまうとなかなか消えてくれません。

 

 

予防のための保湿ケアを心がけましょう。

 

 

できてしまった肉割れを消すクリーム

 

 

よく読まれている記事

ノコアはできてしまった肉割れを消すクリーム

 

 

ノコアクリームは妊娠線・セルライトにも効果抜群!

 

 

ベルタマザークリームを購入&体験してみた感想

 

 

AFCマタニティクリーム 価格が魅力!肉割れケアにも使える?

 

 

肉割れは年をとると消えにくくなる?

 

 

 

 

ミュゼ

スポンサードリンク

 

 

 


トップページ ノコア(NOCOR) AFCマタニティクリーム ベルタマザークリーム サイトマップ