肉割れの原因とキレイに消す方法 効果が実感できるのはコレ!

はじめに

 

あなたは “お腹や太ももにできた肉割れは、もう消すことはできない” とあきらめてはいませんか?

 

 

1週間で消したいと言われると難しいところですが、時間をかけてしっかりとボディケアしていけば薄くしたり消したりは決して無理な話ではありません

 

 

私は肉割れ・妊娠線ケア専用のクリームを使って皮膚の代謝を活性化することで、より確実に効果を実感することができました。

 

 

いくつかの商品を購入して試してみましたが、一番効果を感じたのはこのクリームです

 

ノコア アフターボディ トリートメントクリーム

 

 

 

 

「肉割れができないように予防する」という商品は多いのですが、『できてしまった肉割れを消すことができた』という口コミの多い肌ケア商品は、実際のところ少ないです。

 

 

そのうちのひとつが、このノコアクリームでした。

 

 

 

数年経った肉割れを消すと決めた私!

 

私の肉割れはできてからすでに数年経っていて、それまでに、ほかのボディクリームも試してみてはいました。

 

 

しかし、これといった効果を得られることはなくガッカリ。。

 

 

若い頃のようにお肌の新陳代謝も活発ではなくなっているだろうし、いまさら肉割れを治すのは無理なのかも、と、正直ほとんどあきらめかけていたのです。

 

 

そんなときに、このノコアクリームの紹介文を読んでみて「もしかしたら、まだ希望は残っているのかな?」と、淡い期待を持ちました。

 

 

そんなに安いものではなかったので購入前は迷いましたが、「これで最後だ。これでダメだったらあきらめよう・・・」と、ついに購入を決意。

 

 

そこから2ヶ月間の毎日のボディケアの始まりです。

 

 

 

ノコアクリームの強い浸透力を実感!

 

肉割れはお尻や太ももにできる人も多いようですが、私の場合はお腹の下側に十数本の縞模様ができていました。

 

 

ダイエット成功の勲章、とも言えるのですが。。
※肉割れは太ってしまって、体型が急に変化してしまうことでできやすくなるものでした。

 

 思い違いをしていたので訂正します。

 

 ダイエットすることは肉割れの原因にはなりませんので、安心してください。

 

 

私は乾燥肌なので、あとあと調べてみると肉割れができやすい体質なのだそうです。

 

 

乾燥していると、肌の伸縮性が低くなります。

 

 

体型変化でが引っ張られた時に、皮膚組織が切れてしまいやすいのです。

 

 

乾燥肌の人は、より入念な肉割れ対策が必要だということになります。

 

 

 

 

さて、クリームを使ったケアは1日2回、朝出かける前と晩のお風呂上がりです。

 

 

気になる部分に優しくマッサージするように塗りこむだけ、普通のボディクリームと使い方は変わりませんね。

 

 

でも今までのクリームと違うのは浸透力でした。

 

 

塗ってから20分もすると、肌がもちもちになってきます

 

 

ノコア(nocor) アフターボディ トリートメントクリームには「FUNCOS(ファンコス」という肌への強い浸透力を持つ成分が入っているのは知っていました。

 

 

ファンコスは、肌のハリ・弾力に大切なビタミンCを肌の奥深くにスっと送り込んでくれるビタミンC誘導体です。

 

 

そのこともノコアクリームを選んだ理由だったのですが、まさに正解だったと思います。

 

 

 

2ヶ月間の努力が報われて・・・

 

肉割れが多少薄くなってきたかな?と感じ始めたのは、ケアを始めてから3週間ほど経ってからでした。

 

 

うれしかったのは同時にお腹のたるみも減っていったこと

 

 

ノコアクリームは代謝を高めて少しづつ余分な皮膚をなくしていくクリームです。

 

 

そんなクリームでスキンケアしているので、たるみが解消されるのも当然とも言えますが、うれしかったですね。

 

 

そして2ヶ月たったころには、肉割れはほとんど消えてしまいました。

 

 

実際にはじっくり見るとわかる程度の筋は残っていますが、主人にも「おぉ消えたねー(^^)」と言ってもらえたので、大満足です。

 

 

おわりに

 

 

肉割れや古い妊娠線を消すことはできないと、あきらめてしまっている人もいると思います。

 

 

でも、あきらめたくないと強く思っている人にはかなりおすすめできるクリームです。

 

 

気になったなら、一度公式ホームページで確認してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ここからは肉割れについての知識をお伝えします。

 

 

そもそも肉割れとは

 

肉割れはその名のとおり、皮膚が割れたような状態のことを指します。

 

 

別の呼び方として「ストレッチマーク」「脂肪割れ」「皮膚線状」、妊娠中にできたものは「妊娠線」と呼ぶこともあります。

 

 

いずれもできてしまう仕組みは同じです。

 

 

 

肉割れのできる原因・できやすい場所

 

“気がついたときにはもう出来ていた”ということもある肉割れには、出来てしまう「時期」「きっかけ」がいくつかあります。

 

  • 成長期
  •  

  • 急激な体重増加
  •  

  • 妊娠

 

これらに共通して起こるのは、急な体型の変化です。

 

 

肉割れができる場所として、二の腕・胸・お腹・お尻・太ももなどがあります。

 

 

いずれも皮下脂肪が多い部位なので(とくに女性の場合)、太ってしまったときに肥大しやすい部分です。

 

 

この部位が急に大きくなり、その成長に皮膚の伸縮が追いつけなくなったときに、皮膚が割れる “肉割れ” が起こるのです。

 

 

人間の皮膚は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」という層で構成されています。

 

肉割れは真皮にまで傷が入っている状態です。

 

 

皮膚は28日周期のターンオーバー(生まれ変わり)を繰り返します。

 

 

表皮はターンオーバーするので、浅い傷跡の場合は次第に薄くなって行くのですが、真皮はなかなかターンオーバーしにくいと言われています。

 

 

これが「一度できた肉割れは消すのが難しい」とされている理由です。

 

 

 

肉割れの予防方法

 

肉割れの一番の予防法は、急激に体型を変えないことです。

 

 

今現在、食べ過ぎや運動不足で太りかけているなら生活習慣を改めて、それ以上体重を増やさないようにしましょう。

 

 

しかし、成長期や妊娠中の体型の変化は自分でコントロールできない面もあるため、別の予防法が必要です。

 

 

それが “肌の乾燥を防ぐ” ということになります。

 

 

肌は十分に保湿されていれば伸縮性・柔軟性を増します。

 

 

体が成長する以上に伸びる状態を保つことができれば、皮膚が割れてしまうことを防ぐことが可能になります。

 

 

 

肉割れを消す方法

 

 

 

すでに書きましたが「一度できた肉割れは消すのが難しい」というのが現実です。

 

 

ですから、対策としては予防することが第一になります。

 

 

それでも出来てしまった肉割れを消したい、セルフケアでできる限り薄くしたいという場合には、地道なケアが必要になってきます。

 

 

真皮の再生にまで働きかけてくれる、肉割れ・妊娠線専用のクリームでじっくりとケアしていくことが大切です。

 

 

 

 

肉割れの治療方法

 

皮膚科の病院や美容クリニックで受けることができる肉割れの治療方法もあります。

 

 

代表的なのは以下の3つです。

 

レーザー治療

皮膚のレーザー治療には「サーマクール」「フラクセルレーザー」「ヤグレーザーピーリング」などいくつかの種類があります。

 

 

いずれも治療機器を使用し、熱エネルギーを肌に照射して施術を行います。

 

 

その効果は「伸びてしまった皮膚を収縮させる」「皮膚の再生能力に働きかける」「コラーゲンの増殖を促す」などさまざま。

 

 

自己負担になる美容整形になると費用は高額ですが、

 

・資格者が安全な方法で確実な施術をしてくれる

 

・肌がきれいになるまでの期間が最短

 

など、メリットのある方法になります。

 

炭酸ガス治療

炭酸ガス治療もレーザー治療の一種です。

 

 

炭酸ガスレーザーを使用した施術は、「皮膚を切らない」「出血がほぼない」「短時間で済む」など、皮膚治療に最適な方法だとされています。

 

 

肉割れ治療意外にも、ニキビ、シミ、イボ、ホクロの除去などに活用されています。

 

針治療

肉割れに対しておこなう針治療は、“それ以上悪化するのを予防するため”のものと考えたほうがいいでしょう。

 

 

肉割れができるということは、皮膚が張っていて伸縮しない状態だということ。

 

 

つまり、体の弱りが皮膚に現れているということから、鍼灸治療で皮膚の張りを柔らかくするという方向性の治療法になります。

 

 

 

手軽で低コストな方法が肉割れを消す・薄くするクリーム

 

以上のように肉割れを消したり薄くする方法はいくつかあるものの、一番簡単で低コストなのが専用のクリームを使った自宅ケアです。

 

 

では、肉割れケア専用クリームと市販の保湿クリームではどこが違うのでしょうか?

 

専用クリームと市販の保湿クリームの違い

肉割れ専用クリームは、ニベアなどの市販の保湿クリームよりも値段が高いものがほとんど。

 

 

その価格の違いは浸透力に表れます。

 

 

その保湿クリームが「肌のどの深さまで有効成分を浸透させて潤してくれるのか?」の違いです。

 

A.肌の表面「表皮」だけを潤しているのか

 

B.その下にある「真皮」や「皮下組織」にまで作用してくれているのか

 

肉割れケアを行うなら、Bの要素を持つケア製品でないと意味がありません。

 

 

肉割れは皮膚の表面ではなく、深いところにある真皮が断裂することでできるものだからです。

 

 

表皮に比べて伸縮性が低い真皮は、妊娠中の体型の変化についていけなくなることで裂けてしまいます。

 

 

一度傷ついてしまった真皮は回復のスピードが極めて遅いため、何年経っても肉割れが消えないということになりかねません。

 

 

予防するにしても、薄くしたり消したりするにも、「皮膚の奥深くにある真皮に働きかけないスキンケアだと無駄になっている」ということになります。

 

 

 

肉割れ専用クリームを選ぶ理由

 

肉割れ・妊娠線ケアの専用品は、できる仕組み、正しいケアの意味を考えて開発されたものです。

 

 

肌の深部にまで有効成分が届くように、“届けるための仕組み”が組み込まれて配合されています。

 

 

「ビタミンC誘導体」「シラノール誘導体」などが保湿成分を真皮にまで届けることで、肌ダメージを効果的に解消・予防してくれます。

 

 

もちろん値段が高ければ効果が高い、というものでもありません。

 

 

ですが、こだわって開発された専用品が多少高くなるのは、しょうがないのかもしれません。

 

 

専用のクリームを使うからこそ可能なケア、というのは間違いなくあると言えるからです。

 

 

 

今現在、一番おすすめしたい肉割れケアクリーム

ノコア(NOCOR)アフタートリートメントクリーム

 

 

肉割れ、妊娠線を「予防」するためのボディケアクリームは数多くあります。

 

ですが、できてしまった肉割れのあとケアが可能なものは少なく、そのなかでも一番おすすめできるのがノコアクリームです。

 

肉割れケアでは、普通のスキンケア以上にお肌の奥深くに潤いを届けてくれる作用が欠かせません。

 

ノコアに配合される「FUNCOS(ファンコス)」というビタミンC誘導体が、それを高いレベルで効果的に行ってくれます。

 

手触りこってりなのに良く馴染むテクスチャー、塗った瞬間から引き締め効果を感じるなど、使用感がとても良いのも特徴です。

 


トップページ ノコア(NOCOR) AFCマタニティクリーム ベルタマザークリーム サイトマップ